痩せるダイエット口コミ YDK

いろいろ出てくるダイエット方法、本当に痩せるのか?口コミをご紹介

改めて知っておこう。ダイエットの敵

投稿日:

改めて知っておこう。ダイエットの敵になるポイント
大幅に体重を落としたいわけではないけれど、毎日の生活に気を付けているはずなのに体重が落ちて行かないし見た目も変わらない、頑張って運動しているのに全く痩せない、とお悩みの方は多いのではないでしょうか?
その原因は、なにげない日常生活の中に潜むダイエットの敵ともいえる要因です。
ついつい忘れてしまっては、せっかく気を付けていてもダイエットの効果が出ないことになりますので、「何に気を付ければ良いかなんて知ってるよ」という方も、一度おさらいしておきましょう。

知っとこ!ダイエットの敵

 
 

食べ物

好きなものを全く食べないようにするのは難しいことですが、私たちが好んで食べているものの中にはダイエットの敵となってしまうものが沢山あります。食べ過ぎはもちろんいけませんが、日常生活の中でちょっと気を付けてみると意外と結果が出るかも知れませんよ。

意外とカロリーが高い、パン類

毎朝食べるのは食パン、と決めている方も多いと思いますが、実は食パンを食べる人は食べていない人に比べて肥満になりやすい確率が40%も高くなるという研究結果が報告されています。
また、菓子パンを日常的に食べる習慣ができている人は要注意です。菓子パンはバターや砂糖が多くなっていますので、いくつも食べられるのにハイカロリーになりやすくなっています。やきそばパンなどは炭水化物と脂質が組み合わさった、ある意味最強の組み合わせです。

ファストフードも要注意

たまに食べたくなるものの筆頭といえば、ファストフードやジャンクフードですよね。しかし、これらを日常的に食べるようになっている人は危険です。ハンバーガーやフライドポテトは脂質が多くなりやすく、カロリーそのものも高くなります。また、いくつも食べたくなるような食べやすさですが、栄養価はかなり低いので体のためにもあまり良くないと言えます。
ランチにお得なセットを食べたい気持ちも分かりますが、頻繁に食べるのはおすすめできません。

ダイエットの敵として有名、揚げ物

からあげ、コロッケ、とんかつ…お惣菜コーナーで良い匂いがしていると食べたくなりますね。しかしカロリーは高く、肉と小麦粉と油という、ダイエットの大敵となってしまう組み合わせでもあります。
天丼、かつ丼は美味しいのですが、白米と一緒になることでダイエットのダの字もなくなってしまいます。

ラーメンを食べるなら、せめてスープは残して

いくらヘルシーなラーメンがあるといっても、1杯食べるだけで1000kcalはゆうに超えてしまいます。また、塩分も多くなりますので、むくみやすい方は注意が必要です。
飲み会の帰りにシメの一杯、と思われるかもしれませんが、飲み会で摂取していたカロリーにプラス1000kcalともなるとかなりの摂取カロリーになってしまいます。
どうしても食べるという場合には、スープを飲み干すのは止めてください。

おやつの時間に注意、洋菓子

洋菓子のレシピを見てみると分かりますが、大量の砂糖、バター、小麦粉を使います。そこに生クリームやチョコレートが乗ることでカロリーはさらに高まります。ダイエットをしている間には洋菓子は一切口にしないという気持ちが必要です。
甘いものが食べたいときには和菓子を選んだり、ダイエット向けのものを探したりしましょう。

スナック菓子も駄目!

スナック菓子は製造の段階で油で揚げているものが多いため、ダイエットのときには食べないようにしたいものです。とくにポテトチップスなどの芋を原料としているものは、炭水化物と油のダブルパンチとなってしまいますし、味付けに塩がたっぷり使われていますので避けましょう。
油で揚げないスナック菓子などもありますが、できることなら一切食べない方が良いと言えます。

喉が渇いても清涼飲料水は飲まないで

清涼飲料水1缶に含まれる砂糖の量という画像を見たことがある方もおられると思いますが、清涼飲料水は砂糖の塊だと思ってください。とくに、炭酸飲料は炭酸の刺激もあってどんどん飲みたくなりますが、ダイエットの最中は「これは砂糖だ!」と思って避けるくらいの気持ちでいましょう。

以外にヘルシーじゃない、果物ジュースと野菜ジュース

ダイエットをしていると、パックで売られている果物ジュースや野菜ジュースを選んで飲む方も多いと思います。しかし、食物繊維が配合されていないものだとダイエットには悪影響となってしまいます。また、製法によってはヘルシーとはいえないものもありますので、パッケージをよく確かめましょう。
時間に余裕があり機材と素材が揃えられるのであれば、自分でスムージーを作るのがダイエットにも美容にもおすすめです。

アルコールもダイエットの敵です!

仕事終わりの1杯、お風呂上りの1杯。幸せですね。
しかし、アルコールには食欲増進効果がありますので、その後の食べ過ぎには注意してください。お酒が好きな方は「ビールを飲むからつまみが欲しくなる。そのせいで太るんだ」と言われますが、それはあながち間違っていません。アルコールと一緒に食べるものに気を付けてください。揚げ物やおつまみのスナックなどは避けましょう。

 
 

生活習慣

食べ物以外にも、生活習慣もダイエットを邪魔する敵となります。自分はこんなことをしていないか、とチェックしてみましょう。

乱れた食生活

ダイエットに必要なのは、食べる量を極端に減らすことではなく栄養バランスが取れた食事をきちんととることです。栄養素が足りないことで体調を崩したり太りやすくなったりと良いことはありません。
朝食を食べない、夜遅くに食べるという習慣がある場合も見直しましょう。

早食いも肥満のもと

「ご飯は良く噛んで食べろ」と言われたことはありませんか?これは、たくさん噛むことで満腹中枢が刺激されて少々ご飯の量が少なくても空腹感を感じなくなるためです。
丸のみ状態でご飯を食べていると、なかなかお腹が満たされないと感じてしまいますので、歯ごたえがあるものを意識してメニューを決めましょう。

味が濃いものはむくみの原因に

味が濃いものは塩分が多いものも多く、むくみを起こしてしまう原因になります。むくみはきちんとケアをすれば解消できるのですが、そのままにしてしまうと解消できないままになってしまいます。むくみは肥満につながりますので、マッサージや水分補給という対策をとりましょう。
「濃い味じゃないと嫌!」という場合はハーブなどの香草を使う、出汁の味を楽しむ料理を作るといった工夫をしましょう。

水を飲まないと便秘になりやすくなって太るかも

水分は、血液をスムーズに流すために必要です。老廃物は血液やリンパを流れて排出されていくのですが、水分が少なくなると老廃物がそのままになってしまい、セルライトの原因にもなりかねません。
また、便秘の原因も水分が関係していることが多くあります。便が何日分もたまっていると、食べ物から栄養を吸収する働きが低下してしまいます。すると、代謝機能も落ちて太りやすい状態になります。

運動しないと太る!

当然のことですが、運動を行わないとカロリーが消費されないままになりますし、筋肉も落ちて体を痩せやすくする基礎代謝の力も低下します。太りにくい体になるためにも、30分程度のウォーキングやストレッチを行うようにしましょう。
筋肉がつくことで見た目もスッキリしますよ。

ストレスもダイエットの大敵

ストレスを感じたとき、脳はこのストレスを和らげるために糖分を欲しがります。また、お肉に含まれるトリプトファンという成分には気持ちを落ち着ける効果があるので、肉料理も食べたくなるそうです。
ストレスは過食にもつながることがありますので、ストレスをため過ぎないように適度に発散できる方法を見付けましょう。

 
 

身体がゆがんでいると太りやすくなる

いつもの自分の姿勢を思いだしてみましょう。猫背になっている、足を組んでいる、荷物は片側で持っている、ということで体は歪んでしまうと言われています。
体が歪むと、内臓の位置はそれに合わせて本来あるべき位置からズレてしまい、筋肉も歪みます。そうなると、代謝は落ちて痩せにくくなります。
体が歪むと見た目にも悪いので、ゆがみを解消するストレッチを始めてみましょう。

 
 

ダイエットの敵を避けて綺麗になろう

全ての項目をきちんと守るのは大変ですが、切実に痩せたいと思っている方はこれらのことを実行してみるのをおすすめします。ひとつひとつのことを守れるようになり、それが習慣になると意外と快適に生活できるかもしれませんよ。
ダイエットを成功させるためには多くの敵が潜んでいますが、無理をし過ぎないように気を付けながら綺麗な自分を目指しましょう。

 
 

-ダイエットの基礎知識
-,

Copyright© 痩せるダイエット口コミ YDK , 2019 All Rights Reserved.