痩せるダイエット口コミ YDK

いろいろ出てくるダイエット方法、本当に痩せるのか?口コミをご紹介

ダイエットに良い食べ物

投稿日:

ダイエットに効果的な食べ物。痩せたいのなら覚えておきたい食べ物のこと
「痩せたい」と思ったとき、真っ先になにをしますか?
多数の人が行うのは、食べる量を減らすことだと思います。しかし、ただ単に食べる量を減らすだけではいけません。何を食べるか、どんなものを選ぶのかというポイントでダイエットが成功するかどうかは決まるといっても過言ではありません。
また、ダイエットのために積極的に取り入れたい食べ物もあります。これから痩せたいと思っている方のために、ダイエットをする際に気を付けたい食事のポイントなどについて解説しますので、参考にしてくださいね。

ダイエットする時の食べ物

 
 

食事を減らして痩せる、というのは正解ではない

ダイエット後のリバウンドが起こりやすくなる

私たちはどうして食事をするのか、それは生きていくためです。生命活動を維持するために消費するカロリーを食事によって摂取しているのです。しかし、摂取するカロリーが必要以上に多くなることで脂肪が付いてしまい、太ってしまうことになります。
この状態を改善しようとして食事を減らすと、体の中で消費されるカロリーが不足し、今までに貯えていた脂肪がエネルギー源として消費されて一時的に体重は減少して、ダイエットが成功したように見えるでしょう。
しかし、単純に食事を減らしてしまうと、筋肉も消費されてしまいます。筋肉が落ちると基礎代謝が低下してしまいますし、筋肉をエネルギー源にしなければならないほどの飢餓状態に陥っていると体が錯覚してしまい、いつも以上にカロリーの高いものを食べたくなってしまいます。
これでは、ダイエットが成功したと思ってもすぐに体重が戻ってしまうリバウンドが起きやすい状態になってしまいます。むしろ、飢餓状態から脱するために体がカロリーの高い食事を求めるのでダイエット前よりも体重が増加してしまう、という可能性も高くなります。

健康維持ができなくなる

生命活動のために食事が必要だと説明しましたが、私たちにとって不必要な栄養素というものはありません。ダイエットのために米などの摂取を控える糖質カットダイエットという方法もありますが、糖質は脳が活動するために必要な成分です。たしかに、糖質は食べ過ぎると太りやすくなるのですが、一切口にしないとなると脳の働きが低下して仕事や勉強に差し支えることにもなります。
脂質も同様で、摂取する量を極端に減らしてしまうと、栄養のバランスが偏ってしまい体に不調が出る可能性が高まります。一度体調を崩すとそれまでに行っていたダイエットの成果も無駄になりますし、なにより将来の自分のためにもよくありません。
普段、自分でも分かるほど暴飲暴食をしている人は、糖質や脂質の摂取量に気を付けるべきですが、バランスの良い食事を腹八分目でとることがダイエットのためにはおすすめです。

 
 

ダイエットにおすすめな食べ物

マイナスカロリー食材を食べよう

マイナスカロリー食材という言葉をご存知ですか?食材の持っているカロリーが無くマイナスになる、という意味ではなく、食材が持っているカロリーの値よりも、消費される際に使われるカロリーの方が高くなっている食材のことで、ダイエットの際に積極的に食べたい食材なのです。

ブロッコリー、アスパラガス、セロリといった食材はマイナスカロリー食材というだけでなく、食物繊維も含んでいる食材ですので、体にたまることで太る原因になる老廃物を体の外に排出させる効果や、ダイエットのためには欠かせない代謝を促す効果ももっています。ブロッコリーやアスパラガスは少し固めに茹でれば歯ごたえがあるので、少量食べるだけでもよく噛むうちに満腹感も感じやすくなります。
その他にも、玉ねぎ、人参、ほうれん草も同じような効果を持っています。緑黄色野菜中心の食生活は健康のためにも良いので、かなりおすすめです。

また、えのき茸、しめじ、エリンギといったキノコ類も食材の持つカロリーが低く、脂肪の燃焼、代謝を促進する効果を持っています。
これらの食材は入手が難しいものではありませんので普段の食事にも取り入れやすく、明日からでも実践できますね。

満腹感を得られる食べ物を食べよう

空腹感を感じると集中力も途切れてしまいますが、間食はダイエットの大敵です。チョコレートを一口、キャンディをひとつ。ついつい食べたくなりますが、グッと我慢して過ごすのも辛いものですので、あらかじめ満腹感で満たされておくようにすると良いでしょう。
とくに、低カロリーな食材を使っておくとダイエットもスムーズにいきますよ。

おすすめなのは、こんにゃく、寒天といった食材です。これらはカロリーが低く、腹持ちがよいうえに、食物繊維もたっぷり含まれています。便秘はダイエットにとって障害となりますので、便通の改善のためにも積極的に食物繊維は摂取しておくべきです。
最近では、こんにゃくを使った代替食品も多く発売されており、少し変わり種のものでは「こんにゃくラーメン」というものもあります。通常のラーメンに比べてカロリーはかなり低くなっており、スープのカロリー程度しかないものもあります。
おやつの際にも、こんにゃくや寒天を使ったゼリーなどを食べるとカロリーがかなり抑えられます。

また、満腹感を得るためにはよく噛むことも大切なポイントです。こんにゃくや寒天はツルンとしていてのど越しがよいので思わずそのまま飲み込んでしまいたくなりますが、よく噛んでから飲み込むようにしましょう。

 
 

大切なのは、全体のバランスがとれた食事をすること

肉はダイエットの敵ではない

ダイエットをしている間に肉類を避ける人もいますが、肉類には筋肉を作るために大切なタンパク質が豊富に含まれています。タンパク質は私たちの体にとって欠かせないものですので、極端に摂取を避けるのは止めましょう。
「そう言われてもカロリーは抑えたい!」と思われる方は、高タンパクかつ低カロリーな鶏のささみや、胸の部分を食べましょう。

鶏肉はダイエットにおすすめですが、赤身の肉もダイエットのために良いと言われています。赤身の肉はビタミンB群、L-カルニチンという、脂肪の燃焼を促す効果を持っている栄養素を持っていますので、ダイエット中にも適度に取り入れるのが良いですよ。

魚の持つ不飽和脂肪酸のダイエット効果を手に入れて

魚もタンパク質を豊富に含んでいますが、お肉にはない不飽和脂肪酸という成分も持っています。「脂肪」と付いていますが、これは料理に使う通常の油分とは全く違う存在です。
不飽和脂肪酸は代謝を促し、血液の中にある脂質やコレステロールの値を抑えるという効果が期待されます。また、血液をサラサラにして流れを良くする効果もありますので、健康面にも良い効果が出る可能性が高いと言えます。

筋肉を付けると代謝がアップして脂肪を燃やしやすくなり、太りにくい体も作れますので魚や肉を食べてタンパク質を適度に取り入れてみるのもダイエットのためには効果的です。

 
 

まとめ

ダイエットのためにはバランスのとれた食事を適度な量食べるということがなにより大切です。栄養が偏ると肌荒れなどのトラブルも起きますので、健康のためにも、なにかを一切摂取しない食事法などのダイエットはなるべく避けた方が良いと言えます。
マイナスカロリー食材を取り入れると、満足がいくまで食べてもすぐさま太りやすくなるということもありませんし、腹持ちのよい食べ物を食べることで間食したい気持ちも抑えられますので、ぜひダイエットに取り入れてみてください。

 
 

-ダイエットの基礎知識
-,

Copyright© 痩せるダイエット口コミ YDK , 2019 All Rights Reserved.