痩せるダイエット口コミ YDK

いろいろ出てくるダイエット方法、本当に痩せるのか?口コミをご紹介

ファスティングダイエットをする前に気を付けたい。メリット・デメリット

投稿日:

ファスティングダイエットをする前に、ファスティングダイエットのメリットとデメリットをしっかりと把握しておきましょう。
ファスティングとは、断食のことです。現在、断食をして体重を落とすというファスティングダイエットが人気になりつつあります。
数日間かけて断食を行うと目に見えて体重が減りますが、ファスティングはメリットばかりのダイエット方法ではありません。「人気があるから」「痩せたという口コミを聞くから」という理由でファスティングに挑戦して、リバウンドをしてしまう可能性もあるのです。

ファスティングダイエットのメリット・デメリット

 

 

ファスティングダイエットのデメリットについても、きちんと知っておきましょう

ファスティングはリバウンドしやすいダイエット方法である

運動を中心としたダイエットや、食事制限を行うダイエットなど様々な方法がありますが、その中でもファスティングダイエットはリバウンドの危険性がかなり高いダイエット方法と言えます。
たしかに、断食後には数kg体重が減ったという結果が出るのですが、一歩間違うとリバウンドによって以前よりも太ってしまうという結果も出てしまいます。

どうしてそんなことになるのかというと、ファスティング前と後の食事についての知識がないままでファスティングダイエットをしてしまうからです。
断食を始める前には、肉類を避けて野菜、豆腐といったものを中心に食べる準備期間が必要になります。通常の食事をしていたのに、いきなりファスティングに入るのは絶対に止めてください。
また、断食が終わってからすぐに通常の食事をするのも禁物です。おかゆ、野菜を柔らかく煮込んだスープを食べるようにしてください。

とくに大切なのは、断食後の食事です。断食の間に食べたいという欲求が自然と高まっていつも以上に食べてしまうと、リバウンドやさらなる体重増加につながってしまいますので注意しましょう。
 

食べられないことでストレスもたまる

食べられない、というのは想像以上のストレスになります。水分だけではお腹も満たされませんので、常に空腹感と戦うことになるかもしれません。そうなると注意力も散漫になりますし、イラつきを感じる人もいるでしょう。日常生活でそんな状態になると仕事でミスをすることもあります。少しでもストレスの原因を避けられるよう、連休などの期間を利用してファスティングを行うのがおすすめです。

空腹の状態が続くと、寝付きが悪くなることもあります。睡眠不足は体にもよくありませんし、ダイエットのためにもよくありません。眠れない場合には、カモミールティーを飲む、はちみつを入れた白湯を飲む、というふうに少し風味があるものを飲んで気持ちをリラックスさせると良いでしょう。

とにかく食べたい、という気持ちが強くなる人は、ファスティングダイエットは避けた方が良い人かもしれません。ストレスを感じながらのダイエットは成功しませんので、ファスティングダイエットではなく、一食置き換え方式のダイエットにするなどしてみてください。
 

正しく行わないと体調を崩してしまうことも

食べなければそのぶん痩せるのは当然です。しかし、だからといって独断で長期間のファスティングに挑戦するのはかなりの危険が伴う行為です。
長期間栄養が足りない状態になると栄養失調に陥りますし、最悪の場合拒食症になってしまう可能性もあります。拒食症は治療が難しいうえに精神面にも影響を与えます。
将来の自分のためにも、自分でファスティングダイエットを行う場合は、断食期間は1日程度にしてください。
 

ファスティング中は外出しない方が良い

カロリーの摂取量が低下すると、身体を動かすためのエネルギーも作りだせなくなりますので、ファスティングダイエットの期間は外に出るのはかなり疲れますし、思うように食事もできないのでストレスのもとになります。
恋人やお友達と会う予定のない休日に、家に引きこもって行うダイエットであると考えましょう。
「お休みの日にじっとしているなんてもったいない!」と思われる方にはあまり向いていないダイエット方法かもしれません。

 
 

ファスティングダイエットのメリットとは

デメリットはどれも厳しい内容になってしまいますが、ファスティングダイエットにはメリットももちろんあります。ここからは、メリットについて詳しく説明します。
 

体重の減少

ダイエットしていても、なかなか体重が落ちないというのはモチベーションの低下にもつながります。時間をかけて無理をせずに体重を減らすのは健康的ですが、それでは気持ちが折れてしまうということもあります。
ファスティングダイエットの場合は、数日間かけて行うだけで結果は分かりやすく数字に現れます。地道に運動や食生活に気を付けるのが難しく、短期決戦でダイエットしたいという人のほうがファスティングダイエットに向いているかもしれません。
 

デトックス効果もある

食事をとらないということは、身体が消費するための活動をしなくても良くなりますので、排泄行為へと活動が集中していきます。以外に思われるかもしれませんが、ファスティング期間でもしっかり排便があります。むしろ、身体の活動が排泄に集中した影響で便秘気味だったのに解消できたという人もあるようです。
数日間溜まっていた分が排出できた、排便できたぶんだけ体が軽くなった、という効果が得られます。

また、便が溜まっていると体の中には毒素が巡ってしまいます。そのせいで吹き出物などのトラブルも現れるのですが、ファスティングのデトックス効果でそれらが改善される可能性もあります。
 

ファスティングで大きくなった胃が小さくなるかも

胃の大きさについて意識している人はほとんどいないのではないでしょうか。目に見えない部分なので気にしようがないというのも確かですが、胃が大きくなっていると満腹感が得られにくくなり、つい食べ過ぎてしまうことになります。なんとなく食事量が増えたなと感じた場合は、胃の大きさに変化があったのかもと疑ってみましょう。
一時的に食べ物を胃に入れない状態を作ると、それだけで胃の大きさが小さくなるかもしれません。
 

ストレスを感じずに過ごせる人もいる

大半の人は食べられないこと、空腹感が続くことにストレスを感じますが、逆にストレスを感じず、むしろ幸せであると感じる人もいるそうです。
なぜかと言うと、なにも食べない状態でいると、本来ならば食事をエネルギーに変えるために使われるケトン体が使われずそのままになるからです。
ケトン体には、集中力、記憶力、想像力、記憶力、リラックス効果があると言われており、さらには快楽物質の分泌も促進させるので、個人差はありますがファスティング期間中に幸せな気分で過ごせるという場合もあるそうです。

 
 

ファスティングダイエットはメリットもデメリットも大きい

ほんの僅かな過ちでも、ファスティングダイエットでは健康を害してしまう可能性を持っています。自分の将来にも影響を及ぼすかもしれないデメリットがあると思うと、止めておこうと思われるのは当たり前のことです。
しかし、短期間で結果が欲しい、どうしても痩せたい!という場合にはファスティングダイエットの効果は絶大です。病院によってはファスティングダイエットの指導をしているところもあります。
痩せられたらそれでいいや、と知識不足のままファスティングダイエットに挑戦するのではなく、様々な情報を取り入れて準備を万全にしてからファスティングダイエットを行いましょう。

 
 

-ダイエットの基礎知識
-, , , , ,

Copyright© 痩せるダイエット口コミ YDK , 2019 All Rights Reserved.