痩せるダイエット口コミ YDK

いろいろ出てくるダイエット方法、本当に痩せるのか?口コミをご紹介

今すぐ痩せたい!でもどうしたら?ダイエットの効果的な方法教えます

投稿日:

すぐに痩せる方法 効果的なダイエット法

まだまだ先だと思っていたら、もう薄着の季節が来てしまった。
しばらく何の予定もないと思っていたら友達に突然温泉旅行に誘われた・・・・。

普段ダイエットなど意識していなくても、急に痩せたい!と思うことってよくありますよね。
しかし、短い期間に急に減量し、体形を引き締めるのはそう簡単なことではありません。
それにもし成功したとしても、リバウンドも心配です。

それでもどうしても、すぐに痩せたい!という方のために、今回はどうしたら短期間で減量し、体形を引き締めることができるのかをご紹介します。

ダイエットの効果的な方法

 
 

こんなことをしていると太る!日常の中の太る原因

不規則な食事、または遅い時間の食事

忙しさにかまけて、ついつい「摂れるとき食事を摂る」という生活スタイルをしている方は多いもの。
しかし、食事の時間が不規則な生活が積み重なると、だんだん体内時計は狂っていきます。

同様に、夜遅い時間に食事をするのもNGです。
遅い時間に食事をすると、身体はカロリーを消費しきれず、どんどん体に脂肪がついていくことになります。

仕事などで忙しく、帰宅する時間が遅くて、なかなか早い時間に食事を摂れない事情を抱えている人は多くいますが、体形のことを考えるなら、その日の朝食を摂った時間から14時間以内に摂ることが理想的です。
朝食を食べたら、その日の夕食はだいたいこのくらい、と目星をつけ、なるべくその時間に夕食を設定するようにしましょう。

 

ダイエットの大敵、睡眠不足

睡眠不足は健康によくないことはよく知られていますが、ダイエットにももちろんよくありません。
睡眠不足が重なると、人間の身体は食欲を促すホルモンを分泌し、普段より多くの食事を欲するようになるからです。
最適な睡眠は人によって異なりますが、最低でも6時間から7時間はしっかり睡眠をとるようにしましょう。

また、同じようにストレスを抱え込んだ状態もダイエットの大敵です。
人間の身体はストレスからの防衛反応として、脂肪を抱え込みやすくなる性質があります。
自分がストレスにさらされていると感じたら、気持ちをリフレッシュさせる工夫をしなければなりません。

 

バランスの悪い食事

しっかり食事をしているつもりでいても、もしその栄養バランスが乱れていたら、何の効果もありません。
へたをすると、カロリーだけが足りていて、その他の栄養は摂れていないということになってしまいます。

ダイエットをしたいなら、まず摂りたい栄養素はタンパク質です。
タンパク質は人間の体を構成する大切な成分ですので、これが不足すると健康にも美容にも大変なダメージを与えます。

 
 

ここに注意すれば効果的にダイエットできる

取り組む期間を決める

「痩せたい」と思っていても、ただ漠然とダイエットしようと考えているだけではよくありません。
まずはきちんと「いつまでに痩せるのか」を明確にしましょう。

これは、ダイエットに取り組む方法を考える上でとても大事なことです。
例えば、同じ5キロ痩せるにしても、1か月で痩せたいのか、それとも3か月でいいのかが違えば、おのずとその方法も変わってくるからです。

それに、きちんと期間を決めて取り組むということは、モチベーションを維持するうえでもとても有効です。
ただし、あまりに短期間で痩せる目標を立ててしまうと、もし成功したとしてもリバウンドする危険がありますので注意しましょう。

ちなみに、体重の5%程度を減量するくらいなら、健康的に痩せられると言われています。
もし、劇的に痩せたいと考えていても、いまの自分の体重から大幅に減ってしまうと健康を害することもあるということです。
無理のない範囲で減量目標を決めましょう。

 

全身運動を取り入れる

短い期間で効果的に痩せたい人にぜひ行ってほしいのは、全身運動です。
水泳やランニングなどの全身運動を、ぜひ積極的にこなすようにしましょう。

特にプールでの水泳は、身体に水圧がかかりかなりのカロリーを消費できるのでおすすめです。
もし、泳げないという人でも、プールの中で歩いているだけで、普通に歩くよりは多くのカロリーを消費できるので、試してみてください。

 

ストレッチで代謝を上げる

ストレッチもダイエットの強い味方です。
ランニングなどと比べると地味な印象ですが、ストレッチをすると身体の新陳代謝が上がり、また血流も良くなるので、ダイエットを促進する効果があります。

ストレッチそのものがすぐ痩せることにつながるわけではありませんが、ダイエットをサポートしてくれるものとしてぜひ毎日続けてもらいたいものです。
お風呂上りの身体の柔らかくなっているときや、寝る前などのリラックスした状況で取り組んでみてください。

 

ダイエットを意識した食生活にする

ダイエットを考える上で、食事やそのスタイルの影響を考えることはとても大切です。

夜遅い時間に食べると太るとよく言われますが、ダイエットをしている期間は特にこのことに注意したいものです。
人間は食べ物を消化することにもエネルギーを使います。
あまりに遅い時間に食事をすると、食べ物を消化することに身体のエネルギーが振り向けられてしまい、昼間傷ついた細胞を回復させることなどにエネルギーが回らなくなってしまうのです。

理想的なのは、夕食は夜18時までに済ませ、それ以降は何も食べないというスタイルです。

また、ダイエット中、厳しく食事を制限するあまり栄養不足に陥らないように注意しましょう。
食事の量や回数を制限したい人ほど、1回の食事でとる栄養素は十分に足りていなければなりません。

野菜、きのこ類、ヨーグルトなど、健康に良いものをきちんと取り入れ、栄養バランスが乱れないようにしましょう。
もちろん、食物繊維や、身体を作るたんぱく質もお忘れなく。

 
 

無理せずダイエットを続けるには

好きな運動を取り入れる

ダイエットは継続してこそ効果が出るもの。
そして楽しんで取り組めなければ、ダイエットを続けることはできません。

そのためにはストレスなくダイエットに取り組む環境が必要になりますが、自分が好きな運動を取り入れてみると、ストレスを適宜発散して楽しみながらダイエットを継続できます。

ダンス、格闘技など、自分が好きな運動にぜひチャレンジしてみてください。

 

ガムかカフェラテで空腹を乗り越える

ダイエット中、何が辛いかというと、もちろん空腹の時間に耐えることです。

もしどうしても耐え切れなくなったら、ガムを噛んでみましょう。
咀嚼をすると、脳の満腹中枢が刺激され、何も食べなくとも満腹と感じる指令が出されるのです。

その他におすすめなのは、カフェラテです。
1杯がたったの120カロリー程度で、しかも含まれているミルクが満足感をもたらしてくれます。
また、ラテに含まれるカフェインやクロロゲン酸にはダイエット効果があります。
もちろん、カフェラテを注文する際には無糖のものをお願いするようにしましょう。

 
 

その他、ダイエットで心掛けたいこと

カロリーと代謝を意識する

そもそもカロリーとは何かというと、熱エネルギーの単位のことです。
また、基礎代謝とは何かというと、身体を維持するために消費されるエネルギーのことです。

ダイエットをするうえでは、この二つを常に計算しなければなりません。
消費カロリーと基礎代謝を足したものより、摂取したカロリーが下回るよう、意識しなければならないからです。

体重を一キロ落とすためにどのくらいの消費エネルギーが必要かご存知でしょうか。
なんと約7200キロカロリー、これはクロールで7時間水泳を続けたのと同じ消費カロリーです。

 

ゆっくりした食事を心がける

ダイエットをすると、すぐに痩せたいと思うあまり極端に食事制限をする人がいますが、実はこれはダイエットには逆効果です。
何故かというと、人間の身体は極端なエネルギー不足になると基礎代謝を低下させるようになるからです。
代謝が鈍れば、脂肪はどんどん体に蓄積され、どんどん痩せにくい身体になってしまいます。

また、食事の回数を減らすのも、あまり極端な場合は問題です。
あまり食事がされないと、人間の身体はインスリンという成分を分泌します。
これはブドウ糖を一気に増加させ、脂肪が蓄積されやすくなるのです。

 

消費カロリーを上げる習慣を取り入れる

日常の中に、消費カロリーを上げる習慣を取り入れることはとても良いことです。
一つ一つは些細なことでも、無理せず続けるうちに大きな効果につながるもの。
ぜひ、

・きちんとした正しい姿勢を保つ
・朝、起きたら一杯の白湯を飲む
・たっぷりと睡眠をとる
・湯船に浸かり身体を温める
・お風呂上り、身体の柔らかい状態でマッサージする

などのことに取り組んでみてください。
ダイエットをサポートし、もっと痩せやすい身体になることができます。

 
 

まとめ

すぐにでも痩せたい、と考えている人は多いものですが、ストイックなことはなかなか続かないものです。
最初の決意は固くとも、すぐ三日坊主になってしまったり、またはいきなり生活を変えることができなかったりと、いろいろ困難なことがあるでしょう。

ダイエットをするうえで一番大切なことは、無理なく日常習慣に馴染ませ、継続していくことです。
きちんと継続していけば、それなりに結果は出るものです。
自分に合った方法を取り入れて、ぜひリバウンドの心配なく、楽しくダイエットをしてくださいね。

 
 

-ダイエットの基礎知識
-, , ,

Copyright© 痩せるダイエット口コミ YDK , 2018 All Rights Reserved.