痩せるダイエット口コミ YDK

いろいろ出てくるダイエット方法、本当に痩せるのか?口コミをご紹介

便活をして健康的にダイエットしよう。痩せたいならぜひ便秘解消を!

投稿日:

便活 ダイエット

便活ダイエット

多くの人が便通に関する悩みを抱えています。

特に女性は、2,3日お通じがなかったり、しょっちゅうお腹が張るなど、便通が滞りがちです。
いわゆる便秘の状態ですが、これは何らかの原因で腸内環境が悪化して、本来排出されるべき老廃物が体に蓄積されてしまった状態です。

便秘をそのままにしておくと、肌荒れや肩こりなど、様々な体調のトラブルまで引き起こします。
便秘が体に良くないことはわかっていても、そもそもどうして便秘になるのかを分かっていなければ、防ぎようがありません。

ここでは便秘が起こる仕組み、そしてもし便秘になってしまったら、どうすれば改善できるのかをしっかり学んでいきましょう。

ダイエットをしている方は、特に健康的な便通があることが何より大切です。
便秘は、間違ったダイエットをしても引き起こされるものですので、そんな事態にならないよう、以下の記事を参考にしてくださいね。

 
 

どうして便秘になってしまうの?

そもそも便秘ってなに?

上記でも軽く触れましたが、そもそも便秘とは、腸内環境が悪くなり体の中の老廃物がスムーズに排出されなくなった状態を指します。
老廃物=便が溜まり続けるとどういう影響があるのかというと、便が発した有害物質が体に悪影響を与えるのです。

具体的には肩こり、吐き気、めまいや腹痛などですが、もっとひどい場合には大腸がんなどになることもあります。
たかが便秘、と軽く見ていると、恐ろしい事態を引き起こすこともあるのです。

また、便秘は男性よりどちらかというと女性の方が多い傾向にあります。

女性はその一生を通じて、ホルモンバランスの影響を強く受け続けますが、こうした体の特徴が便秘の原因となりやすいのです。
また、女性は妊娠、出産という大きな体の変化を経験しますが、これにより骨盤の周辺の筋肉が変化することで、便秘を引き起こしやすくなると言われています。

さらに、妊娠や出産をする女性の方が、男性に比べて大きい骨盤を持っています。
そのため、直腸がお腹の中で広がりやすいことも便秘を起こす原因の一つでもあるようです。

 

何が便秘を引き起こすのか?

便秘と一口に言っても、それを引き起こすのは様々な原因が考えられます。
代表的なのは、

水分や運動が日ごろから不足していること
甘いものを好んで食べ続けていること
無理なダイエットをしたために栄養バランスが崩れたりすること

などがあげられます。

一つ一つは大したことがないように思えますが、これが積み重なると腸内環境が悪くなり、便秘を引き起こすのです。

良い口コミ
一度便秘になると、体の新陳代謝は悪化しますが、そうなると当然、体は太りやすくなります。
ダイエットをしたいのなら、あまりに厳しい食事制限をするのは考え物ですね。

 

自覚がないあなたも、もしかして?

さて、便秘というと「お通じがないこと」ですが、そもそも便秘の正しい定義とは何でしょう?
何日くらいお通じがなかったらいわゆる「便秘」にあたるのか、皆さんご存知でしょうか?

実は、便秘にはしっかりと「判断基準」というものがあります。

1、3日以上、お通じがない
2、排便がスムーズに行かない
3、排便しても、一度の排便量が少ない
4、便が硬い。水分の少ない便が出る
5、排便したのにお腹が張る感じがする

これらの基準に当てはまることが、いわゆる「便秘」の状態であると言えるのです。

3日以上出ていない、という基準はわかりやすいですが、便が硬いなど、不具合がある場合も便秘傾向にあると言えます。

何らかの理由で消化がスムーズに行われなかったり、また体の中に水分が足りていないと、便が硬くなります。
便が出なくなってしまう前に、何らかの改善が必要です

 
 

ダイエットしたいならまず便秘改善

大人気!便活ダイエットのことを知ろう

「便活ダイエット」という言葉を聞いたことがありますか?

順天堂大学の小林弘幸教授が考案したダイエット法で、便秘を改善することにより痩せるダイエットのことです。
「便活ダイエット」と呼ばれ、多くの人に支持されています。

小林教授と言えば、日本で初めて便秘外来というものを開設した人としても知られています。
そんな小林教授が考案した便活ダイエットとは、どのようなものなのでしょうか。

 

どのような方法なのか?

便秘を改善して、ダイエットにつなげようという「便活ダイエット」。
その具体的な方法は以下の通りです。

1、朝起きたら、まず白湯か常温の水をコップ一杯飲む。
2、きちんとカーテンを開けて朝日を浴びる。
3、面倒だから朝食は食べない、などと言わず、きちんと3食をしっかりとる。
4、夜、就寝する時間から逆算して夕食は就寝の3時間前までに終わらせる。
5、夕食を摂ったあと、30分を過ぎたら軽い運動をする。散歩などが良い
6、入浴はあっさり済ませるのでなく、きちんと時間をかける。30分ほどかけて半身浴をする。
7、就寝前に運動をするときは、激しい運動を避ける
8、スムーズに入眠できるよう、寝る一時間くらい前からパソコンやスマホなどを見ないようにする

体が水分不足になっているときは、便秘を引き起こしがちです。
しかし朝起きたときに白湯か、常温のお水を一杯飲めば、水分不足を解消できるうえに排泄を促す効果もあるので効果的です。

良い口コミ
冷たいお水を飲んでしまうと、消化がスムーズに行われなくなる可能性がありますので、なるべく避けてくださいね。

 

便秘改善に効果的な食事とは

便秘が改善されるかどうかは、どんなものを食べるかによっても大きく左右されます。
便秘を改善したい、と言いながら、お菓子やジャンクフードばかり食べていたのでは意味がありません。

便活ダイエットでは、便秘改善に効果的なレシピも多数考案されています。
具体的には、バナナきなこジュース/りんごヨーグルトジュース/サツマイモの羊羹/根菜の豆乳チャウダー/ホットレモン などです。

乳酸菌を多く含むヨーグルトはダイエットに非常によい食材ですし、さつまいも、バナナは食物繊維が豊富で、これもダイエットに効果的です。

また、便秘改善だけではなく、老廃物の排出や美肌に嬉しい効果もあるのがホットレモンです。
冷たい状態でなく、ホットで飲むとレモンの有効成分が吸収されやすくなりますし、また全身の血行を促し新陳代謝を上げることにもつながります。
血流がよくなれば、痩せやすい体になりますし、ダイエットのためにぜひ取り入れて欲しい飲み物ですね。

 
 

便秘にならないため、日ごろから継続して欲しいこと

食物繊維を積極的に摂り入れる

すでにお伝えした通り、腸内環境が悪化すると便秘を引き起こします。

腸内環境を整えるには、日ごろから食物繊維を積極的に摂り、腸の中の善玉菌を増やしてあげることが大事です。
こうすると、腸内環境が正常に保たれ、便秘になるのを防ぐことができます。

食物繊維はどんな食材に含まれているかというと、海藻類や豆類、ごぼう、さつまいもなどです。
食事を作るとき、これらの食材を意識的に多く摂り入れてみてください。

また、どうしても食事から食物繊維を摂ることが難しい場合は、酵素ドリンクを飲むこともおすすめです。
ドラッグストアなどでよく販売されるようになった酵素ドリンクですが、こちらも便秘解消に効果的な飲み物です。

 

良く水分を摂るようにする

日ごろから、意識してこまめに水分を摂るようにしてください。
排泄がスムーズになされるためには、ある程度の水分がどうしても必要です。
足りないと、それだけで排泄が滞ってしまいます。
また水分不足は便秘だけでなく消化まで滞らせることにつながるので、注意してください。
では、どのくらい水分を摂るのが良いのかというと、最低でも一日に1リットルは飲みたいところです。
しかし、いくらでも飲めばいいのかというとそうではありません。
あまりに水分を摂りすぎると今度は消化の妨げになりますので、飲んでも2リットル程度に抑えるようにしましょう。

 

ヨーグルトなどから乳酸菌を摂る

私たちの腸内には3種類の菌が存在しています。
善玉菌、悪玉菌、日和見菌というのがそれですが、この3種類の菌は常に同じ割合で存在しているわけではありません。

実は、私たちの腸内は、普通に暮らしているだけで悪玉菌が優勢になりやすい傾向にあるのです。
このため便秘などのトラブルを引き起こしやすいのですが、これを防ぎたいなら、善玉菌を増やして腸内環境を良くしてあげなければなりません。

そのためにはヨーグルトなどに含まれる乳酸菌を日ごろからどんどん摂取して、善玉菌を増やすお手伝いをしてあげることです。
善玉菌が増えるとダイエットだけでなく、美容や健康にも様々な良い影響があります。

そんな乳酸菌、摂るならいつでもいいというわけではなく、できたら空腹時を避けるようにしてください。
空腹時に乳酸菌を摂ると、胃酸が乳酸菌を殺してしまい、腸にまで届けられなくなるからです。

 
 

まとめ

いかがでしたか?
水分不足や運動不足など、私たちの腸内環境は様々な要因で悪化します。
そのため便秘を引き起こしやすいのですが、これを防ぐためには日ごろから水分不足に陥らないようにしたり、いろいろ工夫が必要です。

便活ダイエットでは、日常生活の中における取り組みに加え、効果的なレシピなどもたくさん考案されています。
便秘に悩んでいる方はぜひ参考にして、健康的な腸環境を取り戻してください。

私たちはつい「たかが便秘」と軽く考えてしまいがちですが、便秘は放っておくと頭痛や吐き気、肩こりを引き起こします。
さらにはガンなど、恐ろしい病気につながる可能性のある怖いものです。

日ごろから自分が便秘がちであると自覚している方は、ぜひ生活を改善して、ダイエットをしながら健康的な体を手に入れてくださいね。

 
 

-ダイエットの基礎知識
-, ,

Copyright© 痩せるダイエット口コミ YDK , 2018 All Rights Reserved.