痩せるダイエット口コミ YDK

いろいろ出てくるダイエット方法、本当に痩せるのか?口コミをご紹介

半身浴ダイエットの効果とは?

投稿日:

根強い人気の半身浴ダイエット!でも、その効果って本物なの?

半身浴ダイエット

湯船に半身を浸けるだけで、効果的に痩せることができるとして一時期流行した「半身浴ダイエット」。
痩せるだけでなく、老廃物を排出するなど、健康効果も高いとして、いまだに根強い人気を誇っています。

やっている人が多いと聞くと、つい「効くらしいな」と思ってしまいがちですが、でも・・・そもそも、湯船に浸かって汗をかくだけで、それほど効果があるものなのでしょうか?

実際、半身浴ダイエットは気休めに過ぎなかった、という人の声もよく聞きます。
そこで、半身浴ダイエットについてたくさんの情報を集め、実際に効果があるのかないのか、またどのようにすれば効果的なのかを検証してみました。

 
 

カロリーはあまり落ちない

半身浴で効果的に痩せられる!といった言葉をよく耳にしますが、実際のところカロリーをどれほど消費するものなのでしょう。

たくさん消費するようなイメージがありますが、実際は半身浴を一時間行った場合の消費カロリーは、100kcalあまりというとても少ないものでした。

ちなみに、体重が50キロの人が、一時間ウォーキングをした場合の消費カロリーはおよそ200 kcalです。

じっと湯船に浸かっているから当然かもしれませんが、ウォーキングなどと比べても、カロリーはあまり消費しないことがわかります。 

 
 

半身浴にはどんな良い点があるの?

消費カロリーがそんなに少ないなら、ダイエット効果なんてやっぱりないんじゃない!と決めつけたくなりますが、それは早計というもの。
実は、半身浴は「身体を温める」という効果が抜群に高く、これがダイエットに様々な良い効果をもたらすのです。

体温が上がると代謝も促進される

オフィスのエアコン、運動不足、冷たい飲み物・・・現代人の生活環境の中には、身体を冷やしてしまうものが溢れています。
女性のみならず、男性の中にも冷え性が増えているのはそのためです。

しかし、半身浴を行うことで身体の芯から温まると、代謝が活発になり血液など体液の流れもスムーズになります。

全身の内臓の動きや血液の流れが活発になると、エネルギー効率もよくなり、いわゆる「燃えやすい身体」になるのです。

老廃物排出効果も高まる

半身浴の嬉しい効果はそれだけではありません。
全身の巡りが良くなることにより、体内の老廃物を排出する機能が大幅に高まるのです。

身体が冷えた状態だと、内臓の機能が滞ったりするだけでなくリンパの流れも悪くなります。
この、リンパの流れが正常化することにより、溜まった老廃物が体の外に排出されやすくなるのです。

肌にも嬉しい効果がある

半身浴を行うと、時間が経つにつれてじんわりと身体に汗をかいてきます。
この状態では全身の毛穴が開き、毛穴に詰まっていた中の汚れが排出されやすくなります。
結果、汚れのないきれいな肌になれるのです。

身体がリラックスしてよい睡眠をとれる

熱いお湯にさっと浸かる入浴ではなく、半身浴はぬるめのお湯にじっくり時間をかけて浸かるもの。
ぬるめのお湯にゆったり浸かっていると、やがて交感神経ではなく副交感神経が優位になった状態、つまりリラックスした状態になります。
身体は自然と良い睡眠に導かれ、疲労回復、代謝の促進に良い効果をあげることができるのです。

 
 

半身浴で最大限の効果をあげるには

お湯の温度はぬるめにするのが鉄則

身体に様々な健康効果をもたらしてくれる半身浴ですが、半身浴の効果を最大限引き出すには、お湯の温度はぬるめに設定するのが大事です。
38度~40度ほどの温度で入浴すると良いでしょう。
ちょっと物足りないと思われる人もいるかもしれませんが、これ以上熱い温度で入浴してしまうと、交感神経が活発になってしまい、あまりリラックスできません。
それに、熱いお湯ではあまりゆっくりと浸かっていることもできません。

最初は慣れないかもしれませんが、低めの温度でゆっくり浸かるようにしましょう。
半身浴を初めておよそ20分ほどで、だんだんと身体が温まり、様々な効果が出始めてきます。

また、お湯には肩までどっぷり浸からず、みぞおちまでにしましょう。
身体が温まってくると頭がぼんやりしてくることがありますが、みぞおちまでしか浸からないようにすると、のぼせるのを防ぐことができます。
それでも心配な場合は、頭の上に冷たいタオルなどを乗せておくと良いでしょう。

半身浴をする時間は長いので、浸かっているうちに肩が冷えてくることもあるかもしれません。
出来れば肩の上にタオルを乗せて、熱を逃がさないようにしましょう。

水分補給もしっかりしよう

半身浴を続けて汗をかくとどんどん喉が渇いてきますが、そのままにしておくと血液が濃くなり危険です。
お風呂場に水分を持ち込み、半身浴をしている間は適切に水分補給をするよう心掛けましょう。

適切に水分補給をしなかった場合、半身浴の後に体重が減ることがあります。
「もう効果が出た!」と嬉しくなってしまうかもしれませんが、実はそれは脂肪が減ったのではなく、身体から水分が抜けてしまってその分体重が減少しただけです。

つまり身体には必要な水分が足りていないということになりますので、すぐ水分を補給するようにしてください。
水分が足りていない状態が続くと、心臓にも負担がかかり大変危険です。

マッサージやストレッチはさらに身体の巡りを良くする

湯船に浸かっている間、首や足首、足の付け根などを揉んでみるとより代謝が良くなり、老廃物の排出が促されます。

これらの部位にはリンパ腺があり、ここを刺激することでより代謝がアップするのです。
このときあまり力を籠めるとリンパ腺に良くないので、あくまで優しく肌をさするだけに留めておきましょう。

また、ストレッチや筋トレを湯船の中で行うのも代謝を促す効果がありますのでおすすめです。
血圧が上がっているので、これもあまり力を込めたり、長時間やらないように注意しましょう。

入浴剤にも一工夫してみよう

半身浴は、湯船に長時間浸かるもの。
長い時間を精神的にもリラックスして過ごすために、自分のお気に入りの入浴剤や、効能のある入浴剤を入れるなどして工夫しましょう。

自分のお気に入りの入浴剤やアロマオイルなどを入れると入浴が楽しくなりますし、また効能のある入浴剤はより半身浴の効果を高めてくれます。
例えば身体を内側から温めてくれる日本酒などを入れると入浴後もずっと体温の高い状態を維持できますし、岩塩を入れると汗が出やすくなります。

様々な香りや効能のある入浴剤を取り入れて、半身浴の時間をより楽しく過ごせるようにしましょう。

 
 

こんな点に注意しよう

食事の後は適さない

半身浴はいつ行ってもいいというものではなく、食事の後は避けるようにしなければいけません。

というのは、食事の後一時間ほどは、内臓に血液が集中している状態だからです。
もしこの時半身浴をしてしまうと、消化がスムーズに行われなくなる恐れがあります。
また、立ち眩みなどをおこしやすくもなりますので、食後はかなりの時間を置いてから半身浴をするようにしましょう。

乾燥肌の人は注意が必要

乾燥肌の人は半身浴をするときに短めの時間で行うよう注意が必要です。

長い時間お湯に浸かっていると、肌内部のセラミドが溶け、より乾燥肌が進んでしまうことがあるからです。

普段から肌が乾燥している人は、半身浴をしても15分くらいで切り上げるようにしましょう。

血圧のアップダウンはとても危険

血圧のアップダウンにも注意が必要です。

血圧の急激なアップダウンにより、お風呂の中で意識を失う人がいます。
お風呂に入る前、衣服を脱いだ状態の時に上昇した血圧は、湯船の中で身体が温められると今度は急に下降します。

そのため、脳に送られるべき血液が届かなくなり、失神を引き起こすのです。

これを防ぐため、血圧のアップダウンには特に気を付けなければなりません。
入浴中に洗面器などに冷たい水を張り、指先を入れておくだけでも防ぐことができますので、心配な人は試してみてください。

運動後の半身浴はかえって疲れる

激しい運動の後、半身浴をすると効果がより高まる気がしますが、これは間違いです。

運動の後の筋肉は冷やさなければいけません。
なぜかというと、運動した後の筋肉は損傷し、炎症を起こしている状態だからです。

このため筋肉には回復の時間が必要ですが、このとき半身浴をしてしまうと、回復するどころか、かえって筋肉を傷めつけ疲労を抱え込むことになります。
運動の後、1時間ほど置くと筋肉の熱がおさまるので、半身浴をするのはそれからにしましょう。

 
 

まとめ

いかがでしたか?
半身浴自体に痩せる効果はそれほどなくとも、痩せやすい体質を作る近道であることは間違いないようです。
また、健康効果も高く、日ごろ代謝が悪い人などは特に試すべき価値があると言えるでしょう。

ストイックな運動が苦手な人は、地道に半身浴を続けてみて、徐々に健康的に、痩せやすい体質に変わっていくようにしてみるといいかもしれません。
忙しい中でも、少しの時間を作って半身浴をし、リラックスしながら体質改善に取り組んでみると良いでしょう。

 
 

-ダイエットの基礎知識
-

Copyright© 痩せるダイエット口コミ YDK , 2019 All Rights Reserved.