痩せるダイエット口コミ YDK

いろいろ出てくるダイエット方法、本当に痩せるのか?口コミをご紹介

断食・ファスティング・ダイエットとリバウンドの関係

投稿日:

断食ダイエット(ファスティング・ダイエット)を失敗させないために
様々なダイエット方法がありますが、断食ダイエットというものがあるのをご存知でしょうか。断食という言葉のインパクトが強いので一瞬ぎょっとしてしまいますが、ファスティングという呼び方でも認知されつつあります。
この方法は一時的に体重が減るのは確実です。しかし、断食を終えた後にリバウンドをしてしまったという方も多いので、簡単な方法であるとは言えません。
ここでは、断食ダイエットを行う際に失敗しないためのポイントについて解説します。

断食とリバウンドの関係

 
 

断食ダイエット・ファスティングとは

断食というと、宗教的なイメージが浮かぶと思います。それはあながち間違いではなく、断食をする際の方法をもとに生みだされたダイエット方法です。
断食の期間中は固形の食べ物を口にしない、という決まりを守って生活します。通常の食事ではなく、水分だけを摂取して断食期間を過ごしていきます。

 
 

どうして断食後にリバウンドするのか

急激な減量はリバウンドをしやすくする

私たちの体は、何か変化があると「元の状態に戻さなくては」と動き始めます。これはダイエットのときにも起こる現象で、急激な体重の減少が起こると「栄養が足りない!」「これは異常事態だ!」と判断して元通りの体に戻すために今まで以上に栄養素を取りこもうと働きます。これにより、体重が元に戻りやすくなるだけでなく、前よりももっと太ってしまうという結果にもつながってしまうのです。

異常事態とはどういうことか

断食というのは、一種の飢餓状態を作りだすことです。
身体が飢餓状態に陥ったと判断すると、カロリー消費を抑えて、その後に摂取する食事から脂質やエネルギーを取りこもうとします。そうなると、断食後に食べる食事から糖質や脂質を過剰に摂取して、体内に溜め込もうという働きも起きます。
そのため、断食の後に通常の食事をとってしまうと自分が思っている以上に脂肪がつきやすくなってしまいます。

 
 

こんな断食は失敗のもと!してはいけないポイント

2日以上断食する

飢餓状態が長引けば長引くほど、身体は「これはまずい。次の食事でエネルギーを十分に取り込まなければ」と判断します。断食を数日間にわたって行えるのはかなりストイックな人ですが、その結果がリバウンドとして現れてしまうのは悲しいですね。
そして、断食中は気付かないうちに食事に対する欲求も高まっています。数日間耐えた後、解放感からドカ食いしてしまってはせっかくの努力も水の泡です。
また、長期間にわたって断食をすると、胃腸をはじめとする内臓にもよくありません。直接健康に影響が出てしまいますので、2日以上の断食は止めてください。

断食中に食べたいという気持ちを忘れられない

固形物を口にしない、というのは思っている以上に辛いものです。水だけでは空腹感も満たされません。しかし、だからといって「早く食べたい」ということばかりを考えていてはそれがストレスとなってしまうだけでなく、「食べる」という欲求を満たすことばかり考えてしまって断食後の暴飲暴食につながる可能性もあります。
断食の間は、本を読む、ゲームに没頭するなど、気持ちを他の方へ向けられるようにしておくことも大切です。

断食が終わってすぐに炭水化物を食べる

断食の後の胃は、空の状態です。いきなり通常の食事メニューを食べてしまうと胃を驚かせてしまうので、おかゆや柔らかくした重湯やうどんなど、柔らかくて消化によいものを食べてください。
また、断食が終わった直後にご飯、パスタ、パンといった炭水化物を食べると、血糖値が一気に上がります。血糖値が激しく上下する状態が続くと、身体は血糖値を正常な状態に戻すために糖質を必要とします。糖質は炭水化物に含まれますので、さらにご飯やパンが欲しくなって食べてしまい、結果としてリバウンドにつながってしまいます。

 
 

断食を成功させるために、飢餓状態にならないように気を付けて

断食の期間は短くて半日、長くても2日間です。その間にカロリーが一気に減少して栄養も偏ってしまうと身体は飢餓状態に入ってしまったのだと判断します。
そうならないためにしたいのは、一気に体重を落とさないことです。1か月のうちにもとの体重の5%程度の体重を減らしていくようにすれば、飢餓状態は避けられます。
リバウンドを起こさないためにも、ゆっくりと体重を落としていくように目標を設定しましょう。

カロリーコントロールも大切

断食ダイエットには飢餓状態が付きものだと思ったほうがよいとも言われています。一度飢餓状態に陥ると、すぐにそこから脱することもできませんので、カロリーをコントロールするための知識も必要になります。
しかしまずは普段の食事から腹8分目を心掛けるというのを覚えてください。満足できるまで食べてしまうと、断食後はさらに脂肪がつきやすくなってしまいます。
断食の後は無理な食事制限もしないでください。栄養バランスのとれた食事を腹八分目、これを心掛けてください。

 
 

断食後の食事で気を付けたいこと

「断食終わり!体重も減ったし満足!」となると、自分へのご褒美として美味しいものが食べたくなりますよね。しかし、断食の後の体には回復食と呼ばれる食事を与えなければリバウンドのもとになります。
美味しいものはグッと堪えて、以下のことに気を付けた食事をとりましょう。

糖質に注意!

断食の後の1か月は、糖質の摂取量に気を付けてください。糖質は炭水化物に多く含まれていますので、通常の食事でもお米は少なくしてください。また、パン、パスタ、うどんを食べる際にも極力少ない量で済ませてください。糖質カット、糖質オフの食品を断食用に買っておくのも良いでしょう。
そして、洋菓子・和菓子も一切食べないくらいの気持ちを持ちましょう。

糖質は、多くの部分が中性脂肪となって身体に溜め込まれてしまいます。太らないためには、とにかく糖質を控えることが大切です。

脂質にも注意!

糖質と同様に、脂質もリバウンドを引き起こす原因になります。断食の後は脂質を抑えたヘルシーな料理を中心にしてください。

ケーキ、ラーメン、チャーハン、スナック菓子は美味しいのですが、これらは糖質と脂質が組み合わさった、ダイエットの敵とも言える存在です。食べ始めるとつい止まらなくなりますが、断食の後だとかなり危険です!

 
 

リバウンドをさせないために

断食の際には酵素を選んで使ってみよう

断食の間は栄養の摂取もできなくなります。しかし、酵素を利用すると極端に代謝を落とさずに過ごせるので飢餓状態に陥る危険性も低くなります。
現在酵素を使った飲み物が多く販売されていますので、それらを利用すれば内臓の負担も軽く済みますし、栄養素も取り込めます。

普段から代謝を上げておく

代謝が落ちていると太りやすくなります。まずは、落ちてしまった代謝を上げるように湯船に浸かって体を温める、ウォーキングなどの運動をして筋肉をつけておくということをしておきましょう。
とくに入浴は断食の間にもリラックスできるためおすすめです。

また、飢餓状態になってしまっても、代謝が良い状態であればリバウンドせずに済むことが期待できますよ。

 
 

無理をせずダイエットをしよう

断食は短期間で体重を落とせる可能性が高いダイエット方法ですが、そのぶん飢餓状態やリバウンドといった危険性も伴います。普段から代謝を上げるようにする、酵素ドリンクを取り入れるということでその危険性は低くなりますので、「とにかく痩せたい」と焦らず健康な体を作っておくことが断食ダイエットには必要になります。
そして、断食は手軽に行えるものでもありませんので、断食ダイエットを行うまでに正しい知識を勉強しておきましょう。

 
 

-ダイエットの基礎知識
-, , , , ,

Copyright© 痩せるダイエット口コミ YDK , 2019 All Rights Reserved.