痩せるダイエット口コミ YDK

いろいろ出てくるダイエット方法、本当に痩せるのか?口コミをご紹介

正しい断食ダイエットの方法

投稿日:

正しい断食(ファスティング・ダイエット)で痩せる!ダイエットを成功させるための方法を覚えよう
一食置き換えダイエットや、食事制限を行うダイエットなど痩せるためのメソッドはかなり多く、どのダイエット方法が自分に合っているのか探すのも一苦労ですよね。
中には、1日から数日の間固形物を食べずに過ごすプチ断食というものもあります。

断食と聞くと辛そうなイメージがありますが、ダイエット成功のカギは食事で摂取したカロリーと、消費するカロリーを引き算すること。摂取するカロリーがほぼ0になる断食はダイエットの中でもかなり効果的なものと言えます。
さらに、数日程度でダイエットのための工程は終わりますので、とにかく早く体重を落としたい場合におすすめです。

しかし、実際に断食をしてみた人からは、後々にリバウンドをしてしまってダイエットの意味がなくなってしまったという話も聞こえてきます。断食をしたことで満足せず、断食の前後にも守りたいことをきちんと行うことで断食ダイエットが成功するか否かは違ってきます。
正しく断食をするための方法を紹介します。

正しい断食ダイエットの方法

 
 

断食の後にリバウンドするのはなぜか

ダイエットにリバウンドはつきものとも言えますが、断食の場合リバウンドする人が多かったり、もとの体重以上に太ってしまったりする方が多くなっています。まず、その理由について解説します。

断食というのは、身体にとっては食べ物や栄養が届かない異常事態となります。それにより「飢餓状態に陥ったんだ」と判断し、次の食事でカロリーを得られた際には体内にしっかりと溜め込んでおこうとします。これは、私たちが生きていくために必要な身体の防衛反応です。戦争や飢饉で食べ物がない時に必要なこの反応ですが、ダイエットの際にはリバウンドを引き起こす最大の要因となります。
一度飢餓状態に陥ると、それが解除できるまでには時間がかかります。
その間ずっと、「僅かなカロリーでも身体に蓄えておかなくては」と体が働くため、脂肪として蓄積されていきます。このことによって、太りやすく痩せにくい体になってしまいます。

こうならないためにも、飢餓状態にならないように気を付けたり、飢餓状態のせいでリバウンドをしないようにすることが大切です。とにかく何も食べない、というのは身体にも精神面にもよくありません。正しい断食の方法を勉強してから断食に取り掛かりましょう。

 
 

正しく断食をする方法

断食を行う際に決してしてはいけないこと、それは自己判断で行うことです。
結果としてリバウンドを起こしますし、最悪の場合は体調にも影響が出てしまいます。健康を維持したまま断食ができるようにきちんと手順を守って行いましょう。
また、「断食するぞ!」と決めた日から断食を始めるのはいけません。断食の前には準備をする必要があります。これらを飛ばして断食をすると、消化器官に負担をかけてしまいます。
そしてもうひとつ注意してほしいのは、断食の期間中は通常の食事ができなくなることです。もちろん、外食もできません。

断食の準備期間

まず、断食の準備を始めましょう。準備のためにかかる時間は、実際に断食をするのと同じ日数です。1日断食をするのではれば準備期間は1日、3日断食をするのであれば準備期間は3日です。

この準備期間のうちに、食事の量を減らしていきます。まずは腹7分目程度に食事の量を減らしてみてください。
食べるものも、豆腐、納豆といったタンパク質を中心に、わかめ、ひじきなどの海藻類、トマト、かぼちゃ、白菜といった野菜を意識したものにしましょう。また、魚は青魚を選び、キノコ類も取り入れ、芋類も食べるのが推奨されています。食材を見て分かるかもしれませんが、断食の前には和食を食べるようにしてください。

準備期間に食べない方が良いものもあります。肉類、パン、脂分を多く含む揚げ物、乳製品、菓子類です。これらのものを避け、煙草やアルコールも絶ちましょう。コーヒーなど、カフェインを含む飲み物も飲まないでください。

普段から意識して和食を食べておくと、断食に入った後で感じる倦怠感や頭痛が軽くなることがあります。倦怠感や頭痛は、身体から毒素を出そうとする働きによって起こるものなのですが、普段からバランスのとれた食事をとっておくことでこの働きがかなり和らぎます。栄養が偏っていたり乱れた食生活を送っていると自覚している方は気を付けてみましょう。

断食本番

準備期間を終えたら、水以外に何も口に入れない断食期間に入ります。
しかし、何も口に入れないというのはストレスですし、空腹感もあるでしょう。この場合、酵素ドリンクを利用してみるのもおすすめです。また、食事を通して水分を補給することもできない状態になりますので、こまめに水を飲んでおきましょう。
空腹感がひどく、眠れないという場合でも基本的には我慢して過ごすべきなのですが、どうしてもという場合にはカモミールティーがおすすめです。カモミールティーが無い場合ははちみつを舐めたり、お湯に溶かしたりして飲んでみましょう。

この断食期間のうちに多くの方が、便通が良い状態を経験されます。とくに便秘がひどい方だと、今まで溜まっていた分が排泄できたということもあります。なぜかと言うと、消化するという働きが不要になるため、身体の機能が排泄に集中するからです。
毎日きちんと便通があるという方でも、驚くくらいの量が排出できたという話もあります。

注意してほしいのは、断食をしている間は運動をしないという点です。栄養が足りていない状態ですので、血糖値もいつもより低くなっています。集中力も低い状態ですし、身体を動かすのもおっくうになるかもしれません。そんな状態で運動をしても効果は出ません。
断食の間は何もしない、ということが大切です。

断食後の復食期間

リバウンドするかどうかを決めるのは、この復食期間です。断食の間に食べたいという気持ちは自然と高まっているのですが、いきなり通常の食事をしてしまっては確実にリバウンドしてしまいます。もう少し我慢して復食期間に適した食事をとりましょう。

まずは何を食べるのかというと、重湯です。重湯というのは、赤ちゃんの離乳食のときにも使うものです。柔らかくなったお米と煮汁をゆっくり噛みしめて食べてください。
空っぽになっている胃に対して優しい食事をするのが復食期間には大切です。いきなり固形物を食べると、胃が驚いて調子が悪くなることもあります。

それから通常のおかゆ、具を入れない味噌汁、具を柔らかく煮た味噌汁、野菜を多く入れたスープというふうに段階を踏んで通常の食事へと近付けていきます。このときも、胃に負担をかけないように消化のよい素材を選ぶようにしてください。
固形物は、サラダなどから少しずつ取り入れましょう。

準備期間と同じく、復食期間も断食にかかる日数と同じだけの時間をかけてください。
準備期間から数えると、最低でも3日かかります。食事内容に気を付けるだけでなく集中力の低下や空腹との戦いということもありますので、断食を行う際にはお休みの日を利用するなど、しっかり計画を立ててから行いましょう。

 
 

ひとつひとつを間違えなければ断食は成功する

断食で得られる効果が大きいぶんリスクも高いのですが、方法を間違えずにきちんと遂行できればリバウンドせず、身体から毒素も排出できて痩せられます。
どのようなものを食べれば良いのか、断食の間に空腹を紛らわせるためにはどんなものが良いのか、経験者の口コミも多数ありますので、断食に興味がある方は一度自分の目で確かめてみるのをおすすめします。
そのうえで、自分は断食ができるのかどうかしっかり考えてみましょう。

 
 

-ダイエットの基礎知識
-, , , ,

Copyright© 痩せるダイエット口コミ YDK , 2019 All Rights Reserved.