痩せるダイエット口コミ YDK

いろいろ出てくるダイエット方法、本当に痩せるのか?口コミをご紹介

西松屋に売っているピジョンの産後ニッパー

投稿日:

妊婦

妊娠してから1ヶ月に1キロずつ増加

23歳

去年の9月に妊娠が発覚して1ヶ月に1キロずつ増加していきました。

臨月では食欲が抑えられず甘いものばかり食べていたせいもあり、1週間で2キロ増加してしまいました。
結果妊娠前から16キロ増加しました。
出産後の体重では7キロ減少。
1ヶ月検診ではそこからさらに3キロ減少していました。
ですが残りの6キロは戻っていません。

母乳育児をすると痩せやすいとよく耳にしますが体重が戻りやすいのは確かです。
ただ体型は戻りません。
骨盤が広がるためヒップは大きくなりますしそれに加えて垂れます。

産後8週間は筋トレなどをしてはいけません

10ヶ月もの間腹筋を使っていないのと妊娠で伸びたお腹の皮膚も産後2ヶ月でやっと凹んできたところです。
産後8週間は筋トレなどの運動はしてはいけません。
そのかわり産後すぐから使えるニッパーを西松屋で購入し毎日常につけていました。

 

 

産後8週間後、ダイエット開始

産後8週間を過ぎた今、まずはお腹の筋力を取り戻すために腹筋を毎日50回。
骨盤の位置を戻すために腰回しを左回し30回、右回し30回を1日3セット。
ヒップを引き締めるためにうつ伏せになり脚を真っ直ぐ上げ下げする運動を片足1分間ずつを3セット。
立っている時の姿勢にも気をつけてお腹に常に力を入れるようにしています。

脚痩せは仰向けに寝転んで脚を真上に上げ空中で自転車をこぐような運動をしています。
天気のいい日は子供をベビーカーに乗せ、30分から1時間の散歩もしています。

もうすぐ産後3ヶ月たちますが、お腹には筋肉がつき寸胴だった体型にくびれができてきたような気がします。
垂れて横に広がったヒップもなんとか元に戻ってきました。
太ももの間に隙間がないくらい太ってしまった脚はすでに妊娠前と同じくらいまで引き締めることができました。

骨盤が整いやすいのは産後6ヶ月までだそうです。
それを過ぎてしまうと骨盤が広がったまま固まってしまうそうです。
体がだるくても骨盤の位置を戻すための腰回しだけは必ずやるようにしています。

便秘対策にフルーツグラノーラ

食事制限はしていません。
お通じを良くするためにフルーツグラノーラを毎朝食べているおかげか便秘知らずです。
フルーツグラノーラは食物繊維が入っていますし、牛乳をかけて食べるだけなので野菜をたくさん食べて食物繊維をとることを考えたら手軽に摂取できるのでおすすめです。

これを続けて3ヶ月後には誰が見てもくびれがあり程よい筋肉がついた引き締まった身体になりたいです。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 痩せるダイエット口コミ YDK , 2019 All Rights Reserved.